石けん洗顔と石けんシャンプーを止めた話

健康&美容

こんにちは。さーです。

実は私、3年間ほど石けん洗顔(+ワセリン保湿)と石けんシャンプーを愛用する生活を続けていました。

が!

この度そんなナチュラルでロハスなイメージの石けん生活に、別れを告げることになりました。

別に石けんを否定するつもりは全くありません。(今でも体はシャボン玉石鹸で洗ってます)

だけど私は、石けん洗顔(+ワセリン保湿)と石けんシャンプーを止めて、

今とても快適なのです!!!

※あくまで私の個人的な意見、感想です☆

石けん生活を始めたきっかけ

私は約4年前に夫の仕事の都合で今いる地方に引っ越してきました。

同時に、ライフスタイルも少し変えてみようと一念発起。

ケミカルなイメージの、強い香りがするシャンプーやコンディショナー、クレンジングオイルや洗顔料を止めて、地球にもカラダにも優しそうな石けん洗顔と石けんシャンプーを使用するようになりました。

また、化粧水や乳液もやめて保湿はワセリンのみというナチュラル?思考になり、それを3年ほど続けていました。

石けんシャンプーを止めた理由

シャンプー後の痒みと臭いがきつくなった

石けんシャンプーにしてから頭皮が痒くなりやすく、臭いも気になるようにりました。

泡立てるのが大変

シャンプーは、「髪の毛を洗う」というよりも「地肌を洗うもの」と思っているのですが、石けんシャンプーはシリコンの入った普通のシャンプーに比べて泡立ちが悪く、地肌までシャンプーを行き渡らせ洗い上げるのが難しい気がします。

私は毛量も多いので余計にそう感じたのかもしれません。

結果的にジャンプーを使う量も増えるし、だんだんと毎日のシャンプー自体が面倒になってきました。

湯シャンした日の臭いが特にヤバイ

石けんシャンプーの洗いにくさから、2日に一回くらいの割合で湯シャンにトライしてみることに。

だけど結局、湯シャンしたあと頭皮の臭いやかゆみがひどくなり、毎日シャンプーすることになりました。(;´д`)トホホ

カラーもパーマもできない

石けんシャンプーを使っている人は、カラーやパーマができません。

してもいいのですが、石けんシャンプーの性質上、とてつもなく髪が痛むし長持ちしないと聞いていたのでトライできず。

管理人・さー
管理人・さー

でも、パーマ、したい……。うずうず。

香りが恋しくなった

石けんシャンプーと身体用の固形石けんしかない我が家のバスルームは良い意味でも悪い意味でも無臭でした。

たまに実家に帰ってお風呂を借りるとシャンプーやボディソープの香料がすごくてびっくりしていましたが、日がたつにつれ段々と香りのある生活が恋しくなってきたのです。。。

洗顔と保湿を変えた理由

石けんシャンプーを続けることに対して疑問を持ち始めたのと同時に、クレンジングなしの石けん洗顔とワセリンのみの保湿にも、徐々に違和感を持つようになりました。

シミや乾燥が目に見えて気になり出した

石けん洗顔と保湿用のワセリンに原因があるかは不明ですが、ある日、自然光が入る職場のトイレにある鏡に映った自分の顔を見てギョッとしました。

管理人・さー
管理人・さー

私こんなにシミあったんだ…それになんだか肌自体が乾燥して老けて見えるような……。

小鼻の毛穴が気になり出した

「石けん洗顔にすると鼻の毛穴問題も解決するらしい」

という噂を聞いたことがあるのですが、体感的には「ファンデーションをつけなければ」という条件付きでした。(あくまで私は!)

無職だった頃、人に会う予定のない日はファンデーションをつけることはありませんでしたが、その頃は確かに毛穴を気にすることがなかったように思います。

だけど仕事を再開して毎日メイクをするようになってからは、毛穴に対する石けん洗顔の効果は感じられず。

我慢できなくなった私は、時々シートで剥がすタイプの毛穴対策をしては自分の毛穴をいじめる羽目に。

乾燥によるかゆみが気になり出した

気になり出した、というかワセリンのみの保湿に変えてからずっと感じていたのですが、頬のあたりがいつも少し痒い。

やっぱりいつも肌が乾燥しているような感じがするのです。

管理人・さー
管理人・さー

35歳もとっくに過ぎた今、お肌にハリが戻るような保湿をしなきゃいけないんじゃなかろうか…

と、危機感を感じるようになりました。

シャンプーやスキンケアを変えたきっかけ

良かれと思って続けてきた石けんシャンプーや石けん洗顔でしたが、もっと自分に合ったケアの仕方があるんじゃないかと思い、でも今更何をどうしたらいいのやら…。

そんな風に悩んでいるときに、偶然本屋で見かけたのが「かずのすけさん」の本でした。

美容を教える科学の先生に出会ってしまった

かずのすけさんって誰?って人はこちらをどうぞ。

「美容を教える科学の先生」であるかずのすけさんの本には、

「石けん洗顔が必ずしも肌に優しいわけではない」

と書かれていて衝撃を受けました!

「アルカリ性だから肌にいい」は根拠なし|かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

私は石けんシャンプーや石けん洗顔を始めたころから、

石けんはアルカリ性

人間の肌は弱酸性

という知識はありました。

ただ、アルカリ性の石けんで弱酸性の肌を洗い続けることに対して、特に何の疑問も持たず、昔流行った石けん洗顔の本を読んだり、実際に石けんライフを送っている人のブログを読んだりして自己流でスキンケアをしてきていたのです。

管理人・さー
管理人・さー

かずのすけさんの本やブログを読んで、今まで石けんシャンプーを使っていて感じた違和感(痒みや臭い)について、納得!

人間の体は必ずしもすべての汚れを取り除く必要がないのに、私は無意識のうちに石けんで体中を洗いすぎていたようです。


オトナ女子のための美容化学 しない美容【電子書籍】[ かずのすけ ]

 

アルカリ性を止めて弱酸性へシフト

シャンプーはメリットでシンプルに

私はパート勤務の身でもあるし、サロンで取り扱っているような高級なシャンプーを使い続けることは現実的ではありません。

そこで今までないがしろにしてきた「弱酸性」という部分にフォーカス。

その結果、シンプルさを求めて花王のメリットをつかうことにしました。(懐かしい…)


花王 メリット シャンプー ポンプ 480mL (医薬部外品)

 

石けんシャンプーを止めて感じること

地肌のかゆみと臭いが激減

狙い通り、弱酸性のメリットで洗うようになってから、地肌のかゆみと臭いは激減しました。以前と同じように2日に1回お湯のみで洗う湯シャンにするとその違いがよく分かりました。

ノンシリコンなのに泡立ちも良い。

私、休みの日とか次の日に人と会う予定がないって時にはついつい頭洗うのサボっちゃうんですけど(汗)

1日くらい頭洗わなくても、石けんシャンプーの時と比べ物にならないくらいかゆみも臭いも気にならなくなりました。

ほんのり残る香りでリフレッシュ〜

石鹸時代は無臭の世界だったのでメリットの優しい香りに癒やされてました。

うちは柔軟剤も使わないので香り一つでこんなにも気分転換ができるものかと驚くほど。

管理人・さー
管理人・さー

香りの効果ってすごい!

スキンケアも変えた

かずのすけブログを参考に使いやすいモノを

シャンプーもそうでしたが、毎日使うものに高価なものを選ぶほど我が家の家計は潤沢ではありません( ;∀;)

私が求める化粧品(日用品)は、

ドラッグストアやよく行くショッピングモールで買えるものです。

そこでかずのすけさんのブログに掲載されているお勧め化粧品の中から、お手頃で手に入りやすいものを選んで使うことにしました!

かずのおすけのおすすめ化粧品まとめページ|かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

管理人・さー
管理人・さー

これはありがたい!!

私が今愛用しているもの

かずのすけさんのブログで実際に紹介されているものの中から選んで、現在私が愛用しているのがこの3点。

①クレンジング

無印良品 クレンジングオイル 敏感肌用。1200円くらい。

②洗顔料

肌ラボ 極潤ヒアルロン酸泡洗顔。ドラッグストアで詰め替えだと250円くらい!


肌ラボ 極潤 ヒアルロン泡洗顔(160mL)【肌研(ハダラボ)】

③化粧水

素肌しずく ぷるっとしずく化粧水 プラセンタ。こちらもドラッグストアで1000円ぐらい。しかも詰め替えもある!


素肌しずく プラセンタ化粧水(200mL)【素肌しずく】

 

スキンケアを変えてみた結果

クレンジングは油脂系のものを

かずのすけさんのおすすめは「油脂系」のクレンジングオイル。

かずのすけさんのブログでは、毛穴の角栓ケアについて詳しく書かれています↓

角栓毛穴を改善するには?「油脂クレンジング」を使ったテクニック<全編>|かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

無印良品なら近所のショッピングモールでも手に入りやすいし、値段も1000円台とお手頃。

管理人・さー
管理人・さー

買いに行きやすいのって大事ね!

久しぶりにオイルクレンジングというものを使ったのですが、くるくると手を回すとポロポロと取れてくる汚れたち!!(´; ∀ ; `)

嬉しいような悲しいような。。。

でも流したあとはやっぱりお肌スルスルになってるわ〜!

突っ張ってる感じもなく快適でした。

洗顔はヒアルロン酸で顔以外もうるうる

洗顔料は泡で出てくるタイプなので、顔だけでなくデリケートゾーンにも使うことにしました。

以前は体を洗うときに石けんでゴシゴシ洗っていた私(^_^;)

デリケートゾーンを泡で洗うこと数日…。

 

管理人・さー
管理人・さー

違う!違うぞ!

 

 

アルカリ性の泡を手ぬぐいタオルでゴシゴシしてたあの頃とは!

アワアワを手にとって優しく洗うと変わります!

なんていうか、カサカサしてたのがふわふわになる感じ?

場所が場所だけに表現が難しい(笑)だけど、これはぜひすべての女子にオススメしたい!!

泡で出てくるこの手軽さなら、体とは別にデリケートゾーンを洗うのも手間じゃない!!

話がだいぶそれましたが…、ワンプッシュでモコモコ泡に包まれる洗顔ができることが想像以上に便利!

今まで泡立てネットで一生懸命泡立てていたのは何だったんだろう!ってくらいに手軽です。

お手頃価格なのに、心配していた吹き出物や肌荒れもありません♪

化粧水の高保湿力で乳液なしでも大丈夫

乳液を使わないということには、抵抗のある人もいるかもしれませんが、私はこの「素肌しずく ぷるっとしずく化粧水 プラセンタ」であれば乳液やクリームはなくても平気です。

朝はこの化粧水を塗ったあとに、粉のファンデーションを使っています。下地なども使ってません。

お昼に、鼻の脂をティッシュで軽く押さえて粉をはたくくらいで化粧直しは完了します。

時々のアップデートも忘れずに

当初は自分のライフスタイルや好み、体質に合っていると思って始めた石けん生活でしたが、使い続けていくうちに、いつの間にか小さなストレスが溜まっていきました。

「これは自然にもカラダにもいいはず!続けなきゃ!」と、どこかで自分に暗示をかけていたような気がします。

自己暗示でがんじがらめになってたのかも?

ふと、「これって本当に自分にとって心地いいものなのかな?」と疑問に感じたことを、えいやっ!と変えてみると、思っていたより全然大変じゃないし、毎日をより快適に心地よく過ごせるようになりました。

管理人・さー
管理人・さー

今っていろんなところから情報を得られる分、最適な選択と決定に脳みそ使って疲れちゃう

今回、私は「石けん」というナチュラルで自然にもカラダにも良さそうな物を手放しましたが、「石けん」を否定する気は一切ありません。

ただ、「今の私のライフスタイルには合わなかった」というだけです。

そこに、「かずのすけさん」という化粧品にとても詳しい人の知識に触れ、それを信じて試してみただけのこと。

誰かの正解が私の正解とは限らないし、誰かの不正解が私の不正解とも限らないのだなぁと感じた一件でした。

管理人・さー
管理人・さー

自分の心地いい暮らしにこだわることって大事だけど、時々アップデートすることも必要かもね~

では、また~

コメント

タイトルとURLをコピーしました