これぞ妊活クライシス?!妊活をギブアップした話

健康&美容

こんにちは、さーです。

かなぁ~りお久しぶりの更新になりました。

気付けば2018年も過ぎ去り、2019年が幕を開けているではありませんか!(しかももう3月!!キャー)

そして、タイトルの通り、

妊活ギブアップしました~!!!

( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

まぁ、もともと2018年の誕生日(9月)までに妊娠しなければ諦めます!

とプロフィールにも書いていたので、その通りなんですが……。

実は2018年の9月よりも前に、私は妊活をギブアップしていたのです。

 

ギブアップのきっかけ

まず何がきっかけって、

タイミングがつらすぎる

ってこと。

タイミングって何だよ(・д・)チッ

本来むくっと訪れるはずの性欲という人の本能を無視して、やれ排卵検査薬に線が出ただの、やれのびおりが出ただので、自らムードを高めてことに及ばなければいいけないのですよ。

もともとそんなに日ごろからムラムラしている夫婦ではないので、これは精神的に非常にしんどかったです。

そもそも、元から性欲があるのなら、「よし!作るか!!!」なんて意気込む必要もないわけで。

それにタイミングってご存知の通り、排卵検査薬が陽性になったら「はい1回やって終わり!」ってわけにもいかないんですよね。

排卵検査薬が陽性になったら、次に検査した時に陰性になるまで2~3日間あるので、その間はタイミング祭り!なんていう苦行が続くのです。

2日目、3日目とタイミングをとるうちに、明らかに夫ジュニアの勢いは衰えるし、そのたびに自己肯定感は下がるわ、自分が張り切って場を盛り上げなきゃとか、いらぬ気を使い、もう身も心もボロボロに。

そしてある日思ってしまったんです。

私、何やってんだろ。って。

子供を授かるために、なんでこんなことしなきゃいけないんだろう?

子を欲すれば欲するほど、自分の自尊心がずたずたになる気がして、それ以来タイミングをとることが出来なくなりました。

もしかしたらもっと上手なやりようがあったのかもしれません。

だけど、さすがにこんな内容を相談できる人もいないし、今の自分の感情を上手に人に伝える自信もありません。

私の通っていたクリニックは、最初に問診表を書くときに

「夫婦生活での悩みがあればお書きください」

っていう欄があったのだけど、

書けるかいっっ!!!!

っていうのが正直なところ。

何を言えばどう返してくれるのか、相談してないのでわかりませんが、相談を受けている自分がイメージできなさ過ぎて、とてもチャレンジする気にはなりませんでした。(クリニックの心意気はすてきだと思いますが)

ギャンブルに挑戦するほどの熱意を持てなかった

それでも、体外受精をすれば妊娠の希望は持てたのかもしれませんが、やれば必ず成功するものでもないし、金額に対するリターンが不明瞭です。

妊活Twitterでは体外受精や顕微鏡授精について”高額ガチャ”なんて揶揄する声も耳にしました(笑)お金かければ必ず成功するわけじゃないので、結構なギャンブルですもの……トホホ。

私は年齢的(35歳オーバー)なこともあるし、子宮後屈だの子宮内膜症だのネガティブ要素もたくさんもっています。

そこまでして本当に今私は子供が欲しいのかと自問した結果、妊活をギブアップすることにしました。

内診がイヤ

毎月排卵日前になると、卵胞チェックのために不妊専門クリニックへ通っていました。

卵胞チェックって内診しないとわからないんですね、今の技術だと。

私は卵胞チェックのたびにしなきゃいけないこの「お股パッカーン」がとっっっっっても嫌でした。

まぁ、先生も嫌だと思うけど(笑)

よく婦人科の検診に行き慣れていない若い子に、

「先生だって仕事でやってんだから気にしなくていいよ」

「一日何十人も診てるんだから気にしなくていいよ」

なんてアドバイスしているお姉さま方いますけど。

管理人・さー
管理人・さー

いや、そーゆう問題じゃないです。

 

相手がだれであろうと人前でお股パッカーンなんてしたくないし、どんなに慣れた人がどんなに消毒された器具を使っても、中に入れられたら違和感しかないし、やっぱりちょっと痛い気がするし、ただただストレスでしかない!

たとえば「検査しないと死んでしまう!」とか、「どうしよもうない痛みがその検査で解放される!」とか、目に見える成果がその先にあると約束されているのなら、まだ我慢もできますけどね?

もうこれからは2年に一度の子宮頸がん検査でしか、自らお股パッカーンすることはないでしょう……。(遠い目)

もっともっと医療技術が進んだら、お腹の上からエコーを当てるだけで卵胞チェックできる日が来るのかもしれないですね。早くそんな日が来てくれますように。。。

 

夫の反応

夫の反応は……特になし(笑)

実は夫には、妊活ギブアップ宣言はしていません。

ただ何となく、タイミングとらなくなったな……

そんな感じで自然消滅です(中学生カップルかっ)

夫もタイミングは相当つらかったと思います。

昼から深夜にかけての仕事をしている夫は、私とタイミングを合わせるために無理をしていたはずです。

実はもう半年以上、夫婦生活はありません。

 

管理人・さー
管理人・さー

これからは自由にどこかで発散してください

と思っているところ。

いや、ホント完全に妊活開始前のレス状態に戻りました( ;∀;)

でも、もう本当に無理なんだもん。

もうしたくない。

完全に妊活こじらせました( ;∀;)

 

自分の中での折り合いの付け方

人間ってつくづく不器用な生き物だと思います。

繁殖期に交尾をすれば妊娠する。

そんな野生動物のようにはいきません。

そもそもの妊娠率も低く、1年を通して何度も性交渉をしないと着床せず、出産しても子が独り立ちするまでに20年そこそこかかるなんて!!!

管理人・さー
管理人・さー

なかなか気が遠くなる話です。

 

最近は、職場で同世代のママさんと話をしているときなんかは、やっぱり「授かれなかった自分」を悲しく思うことがあります。

友達が妊娠出産しているのを見て、うらやましいなと思うこともたくさんあります。

その一方で、だからこそ見えてくるものもあるワケで、

2通りの人生を一度に歩むことはできないから、

「そうか、私はこちら側なのね」

と、私に用意された道の景色を楽しみながら進んでいこうと思っています。

さいごに

ほぼ「妊活ブログ」と化していたこのブログも、これからはタイトルの通り、

「可愛いおばあちゃんになるため」に、日々奮闘する私の雑記ブログとして成長させていきたいと思います。

そう、子どもを授かれても授かれなくても!

人は年を重ね人生を歩んでいくしかないのです!

そんな人生を少しでも彩あるものにするために、ブログというツールで自己表現していきたい!

今年はそんな目標を胸に頑張ります!!

妊活についても書き切れていないことはちまちま更新しますね(^^♪

今後とも、お付き合いのほどよろしくお願いいたします♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました